林経協の提言
● 『政策提言』地球環境時代の新しい林政のあり方
政  策  提  言
地球環境時代の新しい林政のあり方
―― 温暖化対策と直接支払いによる持続可能な森林経営 ――
2004年6月21日
林業再生"夢"研究会
(事務局:(社)日本林業経営者協会)
目      次
はしがき
1.林業の未来は明るい
―― 新しいグリーン産業の創出 ――
(1) 林業経営の危機(現状)
(2) 補助金行政の限界(放棄林地の増加)
(3) 長伐期施業による高収益林業の追求
(4) CO2吸収源としての森林の価値増大
(5) 林業ルネッサンス計画
―― 林業経営の自立化をめざして
@ 新しいグリーン産業の創出
A 林業は高収益・高成長産業になる/td>
B 林業経営者の自助努力
2.直接支払い制度の導入
(1) 外部効果の増大
(2) 効果的な政策支援
(3) 直接支払いのスキーム
3.持続可能な森林経営に向けた政策支援
(1) 『直接所得補償』制度の導入
(2) CO2吸収源のクレジット化
(3) 『森林再生ファンド』の導入
(4) グリーン税制の創設(国産材利用促進と山林税制見直し)
(5) 公庫等融資金返還猶予緊急対策
4.規制緩和
(1) 持続可能な林業経営のための規制緩和
(2) 国産材の市場拡大のための規制緩和
林経協の政策提言(項目)へ戻る ⇒
住所・電話FAX等