ご挨拶

ホーム > 協会概要 > ご挨拶

会長 挨拶

会長 榎本長治

 

国産材丸太価格の長期的な低迷などにより林業経営が危機的な状況の中において、「日本林業経営者協会」は自立した山林所有者の利益を代表する団体として、日本の林政の中で一層の存在感を示す必要があります。そして、林業を活力ある産業として蘇らせ、以って国土の3分の2を占める森林を守り、地域を活性化させることを共通の目標としてゆきたいと考えております。
 

そのために国産材の需要拡大策を推進する一方、伐出コストや再造林コストを下げる方策を見つけ出し、安定した林業経営を目指すことにより、森林の再生可能な状況を作り出すことが必要です。

 

われわれ「日本林業経営者協会」は、日本の国土を守る一翼を担うべく、今後もこの目標達成にために活動してゆきたいと思います。

.

歴史

『日本林業経営者協会』(林経協)は、昭和16年の『木材統制法』の制定や『日本木材統制会社』の設立など、林業界も木材界の統制に付随して、森林組合の結成、施業案の編成、立木伐採税、大造林計画等の諸問題に対応しなければならない状況の中で、林業者の不安は募るばかりであることから、林業情報を収集配布する組織を設けることを目的として、全国の林業経営者の有志が昭和16年2月6日に設立した林業懇話会を母体としています。
 

その後、昭和36年6月15日に、任意団体としての林経協が設立され、翌年の昭和37年12月10日には社団法人として設立認可を受けました。現在の林経協は、森林の有する社会性や公益性を踏まえて活動しており、そのメンバーは会員及び賛助員で構成されています。

 

これまで、森林政策についての提言とそれを実現させるための運動、調査研究、経営研修、機関誌(林経協季報)の発行などの活動を行っています。また、各都道府県に組織されている府県林業経営者協会等とも連携をしながら活動しています。

 

社団法人としての林経協は、政府の公益法人制度改革に沿って、平成24年4月1日をもって、『一般社団法人日本林業経営者協会』として移行登記しました。

 

平成30年には、林業懇話会創設時から77年が経過し、任意団体としての林経協創設時から57年、社団法人として設立してから56年になります。

.

沿革

昭和16年2月6日
本会の母体となる「林業懇話会」を設立
昭和36年6月15日
任意団体として「日本林業経営者協会(林経協)」を設立
昭和37年12月10日
「社団法人 日本林業経営者協会」に改組
平成24年4月1日
「一般社団法人日本林業経営者協会」に移行

.

所在地

[住所]   〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル9階
[TEL]  03-3584-7657
[E-Mail]  office@rinkeikyo.jp
[アクセス] 案内図PDF
       地下鉄銀座線・南北線『溜池山王駅』(9番出口)徒歩4分
       地下鉄銀座線『虎ノ門駅』(3番出口)徒歩6分
       地下鉄千代田線・丸の内線『国会議事堂前駅』(3番出口)徒歩6分

PAGE TOP